電池がすぐ減る気がする…~バッテリーの問題~その原因

画面の明るさ調節や簡単操作で電池を節約する方法

iPhoneは、使っているうちに電池が減るのが早くなってきたと感じることが、よくありますね。充電が長持ちしなくなるのは、さまざまな原因があります。簡単な解決方法は、画面の明るさを落とすことです。設定画面から「画面表示と明るさ」を選択して、見える範囲でできるだけ画面を暗めに設定するか、または明るさの自動調節をオンにすると、電池の節約になり長持ちさせることができます。外出中にはWi-Fiをオフにしたり、使わなければBluetoothもオフにしておいたりするのも良いでしょう。また、iPhoneのメールは自動でサーバーから受信するプッシュ通知設定になっていますが、これも電池の減りを早めます。「アカウント」から「データの取得方法」を選択して「プッシュ」を「手動」にするのがおすすめです。

不要な設定をオフにしておこう

iPhoneの電池がなくなるのが早いと感じた時は、不要な設定が「オン」になっているのが原因です。対策はまず、設定画面から「プライバシー」を選択して位置情報サービスをオフにします。位置情報の提供は、アプリを使用するときに便利ですが、電池の減りも早くなってしまいます。位置情報サービスを全てオフにする方法もありますが、アプリによって位置情報が必要ないものだけを個別にオフにしたり、使用中のみオンにしたりすると無駄な電池の使用が節約できます。
バックグランド処理も電池の減りを早める原因になっています。起動していないアプリのバックグランド更新はオフにするのがおすすめです。「一般」から「APPのバックグランド更新」を選択して、該当の項目をオフにしましょう。

iphoneの修理を川崎市内の業者に依頼する場合は、機種によって差がありますが、画面修理は9000円から27000円が平均的な価格です。ガラス割れは比較的安価で、4000円台から可能な店があります。