iPhoneの故障3パターンと、よくある原因

一番よくある故障!~画面の損傷~その原因

iphoneは傷が付きにくいガラスが使われていますが、強い衝撃によっては画面にヒビが入ってしまうこともあります。また、画面の損傷はiphoneの故障トラブルでもありがちで、画面が故障してしまったこ…

More Detail...

電池がすぐ減る気がする…~バッテリーの問題~その原因

iPhoneは、使っているうちに電池が減るのが早くなってきたと感じることが、よくありますね。充電が長持ちしなくなるのは、さまざまな原因があります。簡単な解決方法は、画面の明るさを落とすことです。設…

More Detail...

iphoneの修理を自身で行う際には注意しよう

iphoneの修理は自分で行う事も出来ます。ただし、軽微な故障であっても、更に症状を悪くしてしまう可能性もあるので注意をしましょう。

修理の手順

どれだけ気を付けていても、故障するときはしてしまいます。そのまま放置しておくと、さらなる故障に繋がることもあります。不具合があった時は、速やかに修理に出すことをお勧めしますが、どのような手順で出せばいいのか分からない方もいらっしゃいますよね?ここでは、修理の大まかな流れついて調べてみましたので、参考にしてみて下さい。

修理に出す!その前に…~事前に準備しておくこと~

iphoneの修理には、それなりにコストがかかります。保証が利用出来る場合と全額を自分で支払う場合では負担が大きく変わってきますので、修理を依頼する前に保証の有無を確認することは欠かせません。切れ…

お近くの修理店へ!~持ち込み修理~

iphoneの故障や破損で困っている方も多いですよね。このようなトラブルは、正規店、もしくはスマホ修理の持ち込み店で修理できます。この2つの方法は、修理内容や修理価格に違いがあり、破損状態によって…

オンラインでも可能!~配送修理~

iphoneの修理方法として、人気を集めているのが配送修理です。通常の修理はお店にiphone本体を持っていき、お店の人に預けて修理を行いますが、配送修理の場合は最初のお店に持っていく手間がなくな…

電源が入らない!~電源の問題~その原因

一番よくあるのはバッテリー切れ

iPhoneの電源が入らない場合、どういった原因が考えられるでしょうか。まず、もっとも可能性が高いといえるのがバッテリー切れです。ただ、ユーザーはiPhoneを使いながら画面のアイコンでバッテリーの残量を確認しているのが普通で、残量が少ないと判断したら充電するはずなので、よくわからないうちにバッテリー切れになってしまうということはないはずです。しかしながら、バッテリー自体に問題があると、フル充電したにもかかわらず、ほとんどなにもしないうちにあっという間に残量がなくなってしまうということが起こりえます。 こういう場合は、バッテリーは寿命を迎えたと考えて、速やかに交換すれば改善する可能性が高いでしょう。

電源ボタンの問題やバックライト切れの可能性も

電源ボタン付近の接触が悪いということもよくある原因です。普通に利用していてボタンがおかしくなるということはそれほどありませんが、電源を完全に切るときに長押しするので、そのときに力を加えすぎて脆くなってしまうということは十分考えられます。この場合はボタンの交換などが必要になってくるでしょう。 電源自体は入っているものの、バックライトが切れているということもあり得ます。液晶は自ら発光せず、後ろから光に照らされることで見えるようになりますが、その光を発するライトが壊れてしまうと、ほとんど真っ暗になってしまい、動作はしていても液晶が見えなくなります。そのため、電源が入っていないと錯覚してしまうというわけです。